破綻

を含む「PITY ある不幸な男」のつぶやき
「PITY ある不幸な男」のポスター/チラシ/フライヤー
観たに追加
観たいに追加
coco映画レビュアー満足度
100%
  • 良い
    7
  • 普通
    0
  • 残念
    0
総ツイート数
101
ポジティブ指数81
公開日
2021/10/8
配給
TOCANA
上映時間
99分
解説/あらすじ
不幸なときだけ幸せを感じる男の物語。ティーンエイジャーの一人息子と、小綺麗な家に住み、健康で、礼儀正しく、概ね身だしなみは良い、一見何不自由ない弁護士の男性。しかし彼の妻は不慮の事故により昏睡状態に陥っている。彼の日々は妻を想ってベッドの隅で咽び泣き、取り乱すことから始まる。境遇を知り、毎朝ケーキを差し入れる隣人、割引をするクリーニング屋、気持ちに寄り添う秘書など同情心から親切になる周囲の人々。この出来事がもたらした悲しみはいつしか心の支えとなり、次第に依存してゆく。そんなある日、奇跡的に妻が目を覚まし、悲しみに暮れる日々に変化が訪れ…。楽園を失った男はやがて自分自身を見失い、暴走する。
©2018 Neda Film, Madants, Faliro House
 
  • Pooh_kuru_san
    『PITY ある不幸な男』オートマチック化された悲しみの日常に安心と恍惚を見出した自己憐憫男の破綻。台詞少なく、感情も展開も起伏に乏しいシュールな不条理コメディとスリラーを複数回往復。センス抜群で丹精な映像と音楽がたまに爆ぜる怪作。
    いいね
    関連動画
    この映画のレビューワード
    more info

    follow us