秀作

を含む「母の唄がきこえる」のつぶやき
「母の唄がきこえる」のポスター/チラシ/フライヤー
観たに追加
観たいに追加
coco映画レビュアー満足度
100%
  • 良い
    1
  • 普通
    0
  • 残念
    0
総ツイート数
34
ポジティブ指数80
公開日
2013/4/20
解説/あらすじ
真冬の長野。小さな鉄道路線の廃止を知って、東京からそれぞれ帰って来る姉と妹。電車の車窓にながれゆく懐かしい故郷の姿を見ながら、姉と妹は父や亡き母などの思い出を胸に、生まれ育った家へと向かう。一方、電鉄会社で車両整備士をしている父は、廃止と時期を同じくして定年を迎え、これまでの人生を振り返り、亡き妻や娘たちへの詫びる気持ちを込めて、家までの道のりを線路沿いに歩いて帰って行く。家が近づくにつれ、父の存在の大きさに気づき、再会をためらう姉と妹。そして父の悔恨。家族が家族であることをつなぎとめたのは、亡き母のあたたかさ、何でもなかった家族の日常、物言わぬ父の愛情だった――。
© 『母の唄がきこえる』製作委員会
 
  • milkyway_river
    渋谷で「母の唄がきこえる」という映画を見てきた。信州・長野電鉄屋代線が廃線になるのと時を同じく定年退職を迎える鉄道マンと、その娘の人生を、鉄道を通して描いた秀作だった。舞台となっているのは、クマッキーの故郷でした。いやー、長野にひかれるなぁ。
    いいね
    関連動画
    video not found.
    YouTubeのキーワード検索で自動取得していますので、
    関係のない動画が表示されることがあります。
    この映画のレビューワード

    follow us