秀作

を含む「あのこは貴族」のつぶやき
「あのこは貴族」のポスター/チラシ/フライヤー
観たに追加
観たいに追加
coco映画レビュアー満足度
94%
  • 良い
    52
  • 普通
    3
  • 残念
    0
総ツイート数
602
ポジティブ指数98
公開日
2021/2/26
配給
東京テアトル/バンダイナムコアーツ
解説/あらすじ
都会に生まれ、箱入り娘として何不自由なく育てられ、「結婚=幸せ」と信じて疑わない華子。結婚を考えていた恋人に振られ、初めて人生の岐路に立たされてしまう。気が付けば 20代後半、名門女子校の同級生たちの結婚、出産の話を聞くたびに焦りが増すばかり。あらゆる手立てを使い、お相手探しに奔走した結果、ハンサムで良家の生まれである弁護士・青木幸一郎と出会う。幸一郎との結婚が決まり、幸せが叶えられたかに思えたのだが…。一方、東京で働く美紀は富山生まれ。猛勉強の末に慶應大学に入学し上京したが、学費のために夜の世界も経験したが、中退。恋人はなく、仕事にやりがいを感じているわけでもなく、都会にしがみつく意味を見いだせずにいた。同じ都会で暮らしながらも、出会うはずもなかった 2 人の人生が静かに交錯した時、それぞれに思いもよらない世界が拓けていく。山内マリコが、東京の異なる<階級>に生きる女性たちの葛藤を描いた傑作長編小説「あのこは貴族」の映画化。
©山内マリコ/集英社・『あのこは貴族』製作委員会
 
  • milyfuji
    『あのこは貴族』立て続けに邦画の秀作に出会えてる気がする。麦さんが箱入り娘と思ってたがドンピシャで女優陣が皆はまり役。もう名言ばかりで映画観ててメモ取りたくなった。一億総中流と言われてた時代と明らかに変わってしまった今がそこにある。
    いいね
  • shignak
    映画】あのこは貴族みてた。◎〜☆。秀作。静かに流れていく2組の女性たちと一人の男性の物語。声の叫びではなく表情の下の葛藤が見えるような演技といくつもの階級の差の中の窮屈そうな無表情。それまで、を経て余韻を感じる終劇も良かった。
    いいね
  • 4410_Kupa
    『あのこは貴族』(21/日) 松濤の開業医の三女・華子と、富山から上京して都会でもがく美紀の二人の女性を通して、日本の社会にも頑然として存在する階層的な断絶を描いている。そんな社会でそれぞれが輝く生き方を模索する、女性映画の秀作。
    いいね
    関連動画
    この映画のレビューワード
    more info

    follow us