笑える

を含む「ありがとう、トニ・エルドマン」のつぶやき
「ありがとう、トニ・エルドマン」のポスター/チラシ/フライヤー
観たに追加
観たいに追加
coco映画レビュアー満足度
87%
  • 良い
    92
  • 普通
    9
  • 残念
    6
総ツイート数
2,557
ポジティブ指数92
公開日
2017/6/24
原題
Toni Erdmann
解説/あらすじ
悪ふざけが大好きな父親ヴィンフリート(ペーター・ジモニシェック)は、コンサルタント会社で働く娘のイネス(ザンドラ・ヒュラー)とあまり上手くいっていない。たまに会っても、彼女は仕事の電話ばかりしていて、ろくに話すことも出来ない。そんな娘を心配したヴィンフリートは、彼女が働くブカレストを訪れることにする。父の突然の訪問に驚く彼女だったが、何とか数日間一緒に過ごして、父はドイツに帰ることになる。少しホッとした彼女のもとに、<トニ・エルドマン>という別人になった父が現れて…。
© Komplizen Film
 
  • plutoatsuko
    「ありがとう、トニ・エルドマン」はキワモノのコメディかと思って観に行ったら普通に親子のいい話だった。でも本当にくすくす笑えるコメディでこれまたヨーロッパネタが入ってて気に入った。
    いいね
  • rabi_rio
    家に帰っていたのだが、観たかった映画が今日までだったのでレイトショーに駆け込み。 ありがとう、トニ・エルドマン。 愛は不毛とか、とにかく笑えるコメディかと思いきや、働きすぎる女性の苦労とそれを思いやる父親のいい話でした。
    いいね
  • yamanecology
    気持ちいい笑いよりも、笑っていいか迷う気まずい笑いが好きだ。ドイツ映画はなぜかそういう笑いの宝庫。『ありがとう、トニ・エルドマン』が気に入る人はミシェル・ウェルベック(フランス人だけど)原作の『素粒子』も笑えると思う。トム・ティクヴァの問題作『パフューム』もコメディだよ。
    いいね
  • tkq12
    「ありがとう、トニ・エルドマン」を見た!不器用な父親と不器用な娘のすれ違い話!親父が変な格好で職場に乗り込んで来るぞ!なぜその扮装をするのかという疑問は拭えない。ドイツ人の感性は不思議。笑えるが、コメディではない家族の愛の物語。途中で15分ほど全裸中年女性映画あり〼。オススメ。
    いいね
  • dai_1976
    『ありがとう、トニ・エルドマン』試写会終わり。親子についての映画、「仕事」についての映画、そして人生そのものについての映画。色んな要素が沢山詰まっていて一口でどういう映画かって説明しづらい。とりあえず、笑えるシーン満載で滅茶苦茶面白ろかった!!!って事だけ言っておこう。
    いいね
  • harukamirai
    『ありがとう、トニ・エルドマン』評価は非常に難しいけど、しばらくお父さんに会ってない娘が見たら、電話ぐらいは掛けたくなるかもなー、って感じ。悪い映画ではないんだよ。笑うのは笑えるし。ただ評価が難しい。
    いいね
  • Yuko_Tomita
    『ありがとう、トニ・エルドマン』試写。キャリアウーマンの娘を心配して海外の職場まで押しかけるウザい父親だが、彼の突飛なユーモアが娘の強張った心を溶かす。劇的な場面はないが(まーあるっちゃあるか)、温かく泣いて笑える162分。主演二人も良いが娘の上司と秘書の勇気に拍手!6/24公開
    いいね