笑った

を含む「蜘蛛の巣を払う女」のつぶやき
「蜘蛛の巣を払う女」のポスター/チラシ/フライヤー
観たに追加
観たいに追加
coco映画レビュアー満足度
72%
  • 良い
    60
  • 普通
    17
  • 残念
    4
総ツイート数
1,766
ポジティブ指数87
公開日
2019/1/11
原題
The Girl in the Spider’s Web
配給
ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント
解説/あらすじ
特殊な映像記憶能力を持つ天才ハッカーで、パンク風の特異な風貌、そして背中にドラゴンのタトゥーを入れた強烈な個性の持ち主リスベットは、天涯孤独で、壮絶な過去を持つ。その過去が、あるキーパーソンによって明らかにされていく。自らの裁きによって悪を正そうとするリスベットに対し、「皆を助けるのに、なぜあのとき…私だけを助けてくれなかったの?」と意味深な言葉をリスベットに投げかける謎の女、カミラ。カミラもまた、凄惨な過去と秘密を背負った存在だった。2人の関係が紐解かれながら、リスベットはジャーナリストのミカエルと再びタッグを組み、新たなる犯罪組織の陰謀に迫る。
[ Unknown copyright. Image not used for profit. Informational purposes only. ]
 
  • shind009
    『蜘蛛の巣を払う女』は著者が代わった原作のミレニアム4からミカエルの女ったらしキャラが鳴りを潜めましたが、映像作品の方もダニエル・クレイグからスベリル・グドナソンに配役が変わったことでその辺すっかり臭わなかったと言うか、敵につかまるヒロイン度が益々高まってて笑った。
    いいね
  • shind009
    『蜘蛛の巣を払う女』鑑賞。リスベット役がクレア・フォイに代わり、リドリー・スコット作品のヒロインみたいになったなあと思っていたら、傷の治し方までリドリー流で笑った。キース・スタンフィールドが『スノーデン』と似たような役どころでしたが、終盤美味しいとこ持っていったのがズルい。
    いいね