素敵

を含む「ありがとう、トニ・エルドマン」のつぶやき
「ありがとう、トニ・エルドマン」のポスター/チラシ/フライヤー
観たに追加
観たいに追加
coco映画レビュアー満足度
87%
  • 良い
    92
  • 普通
    9
  • 残念
    6
総ツイート数
2,557
ポジティブ指数92
公開日
2017/6/24
原題
Toni Erdmann
解説/あらすじ
悪ふざけが大好きな父親ヴィンフリート(ペーター・ジモニシェック)は、コンサルタント会社で働く娘のイネス(ザンドラ・ヒュラー)とあまり上手くいっていない。たまに会っても、彼女は仕事の電話ばかりしていて、ろくに話すことも出来ない。そんな娘を心配したヴィンフリートは、彼女が働くブカレストを訪れることにする。父の突然の訪問に驚く彼女だったが、何とか数日間一緒に過ごして、父はドイツに帰ることになる。少しホッとした彼女のもとに、<トニ・エルドマン>という別人になった父が現れて…。
© Komplizen Film
 
  • reitosiro
    映画「ありがとう、トニ・エルドマン」 評判作をようやく観る。ルーマニアを舞台にした、非常に変わった親子の愛情もの。いったい何処に連れて行くのかと思っていると、素敵な愛情の世界に連れて行って貰える。 映画の主テーマではないが、ブカレストの今はこうなのかと興味、駐在員てこうだと納得。
    いいね
  • yujikob
    音楽といえば先日見た「TONI ERDMANN」 (邦題:ありがとう、トニ・エルドマン)は久々にみたとても素敵な映画だったのだけど、ラストに流れる曲にぐっときてしまった。あの曲がつかわれるとは!
    いいね
  • mai_turbo
    ドイツ映画の ありがとう、トニ・エルドマン はよかったです。『間』がい~感じに取れてて素敵だった。
    いいね