絶妙

を含む「パトリオット・デイ」のつぶやき
「パトリオット・デイ」のポスター/チラシ/フライヤー
観たに追加
観たいに追加
coco映画レビュアー満足度
91%
  • 良い
    126
  • 普通
    10
  • 残念
    5
総ツイート数
7,341
ポジティブ指数95
公開日
2017/6/9
原題
PATRIOTS DAY
監督
キャスト
 
解説/あらすじ
2013年4月15日。殺人課の刑事トミー(マーク・ウォールバーグ)は朝からボストンマラソンの警備に駆り出されていた。突如、群衆のまっただ中で大爆発が起こり、歓声は悲鳴に変わる。到着したFBIのリック(ケヴィン・ベーコン)は現場を見ると「これはテロだ」と断言。やがて監視カメラに映る不審な“黒い帽子の男”と“白い帽子の男”が容疑者として浮上する。彼らの犯行と思われる市民の拉致事件と市街での銃撃戦まで勃発、知事は異例の措置で街を完全に封鎖する――。
© 2017 Lions Gate Entertainment Inc. All Rights Reserved.
 
  • puffcafe
    『パトリオット・デイ』シネマイクスピアリにて鑑賞。ドキュメンタリー・タッチの映画ですが、フィクションとノンフィクションの部分のバランスが絶妙で素晴らしい。サスペンスもさることながら感動作でもあります。キャスティングの上手さにも脱帽。
    いいね
  • MondMasa
    実際の映像の混ぜ方が絶妙で最高。犯人に視点はあえておかずに、ボストンという街、市民、警官にとにかくスポットを当てている。日本も含めた今のこの国際情勢にはタイムリーすぎる内容で他人事とは決して思えない。本当に今観るべき作品。
    いいね
  • kerokerokerota
    パトリオットデイ見た!ピーターバーグ、映画じょうず。あと本人に絶妙に似てる俳優さん連れて来るのじょうず
    いいね
  • tide1942
    パトリオット・デイ、やはりピーターバーグ監督は実話系映画のエンターテイメントとしてのバランス感が絶妙。ダブルバーグコンビの映画は今の所外れなし
    いいね