絶妙

を含む「ありがとう、トニ・エルドマン」のつぶやき
「ありがとう、トニ・エルドマン」のポスター/チラシ/フライヤー
観たに追加
観たいに追加
coco映画レビュアー満足度
87%
  • 良い
    92
  • 普通
    9
  • 残念
    6
総ツイート数
2,557
ポジティブ指数92
公開日
2017/6/24
原題
Toni Erdmann
解説/あらすじ
悪ふざけが大好きな父親ヴィンフリート(ペーター・ジモニシェック)は、コンサルタント会社で働く娘のイネス(ザンドラ・ヒュラー)とあまり上手くいっていない。たまに会っても、彼女は仕事の電話ばかりしていて、ろくに話すことも出来ない。そんな娘を心配したヴィンフリートは、彼女が働くブカレストを訪れることにする。父の突然の訪問に驚く彼女だったが、何とか数日間一緒に過ごして、父はドイツに帰ることになる。少しホッとした彼女のもとに、<トニ・エルドマン>という別人になった父が現れて…。
© Komplizen Film
 
  • ay_ta_7
    ありがとう、トニ・エルドマンよかったなぁー!終盤で声出して笑ってしまった!確かに長いし、独特のユーモアに終始そわそわしてたんだけど、それが絶妙なバランスで飽きない。主演の女優さんの無表情が素晴らしかった。
    いいね
  • shIro_kono
    「ありがとうトニ・エルドマン」を観た。最高。バリキャリ仕事命の娘を心配した父親が奇異な変装をして別人を名乗り、娘の前に現れるのだが、独特のユーモアと絶妙な間がたまらない。ホイットニーヒューストンの劇中歌とエンドロールのキュアーが胸に突き刺さる。全社畜は見るべき。
    いいね
  • radio_critique
    『ありがとう、トニ・エルドマン』。ジャック・ニコルソンでハリウッドリメイクらしいけど、ドイツ映画ってところが絶妙なのになぁ。#utamaru
    いいね
  • bubblesgoto
    マーレン・アデ監督『ありがとう、トニ・エルドマン』、キャリアウーマンの娘がおふざけで変装する父親につきまとわれる。この変装が絶妙にうさん臭いのよ。なんでわざわざそんな格好選ぶのか、バレバレの入れ歯にカツラで、ひどく無理矢理感がある。で、仕事場に急に現れたりして、ちょー気まずい。
    いいね
  • ayumiotomo
    『ありがとう、トニ・エルドマン』やってることは子離れできないお父さんの娘の職場つきまとい放浪記なのだがこのお父さんの外見とお茶目っぷりが絶妙な出汁に。後半から「逢引シーン」「ハプニングパーティ展開」と面白エピソートが挿入され、「熱唱シーン」ではなぜか目頭アツくなる。総じて7.8点
    いいね
  • ichiwheat
    【ありがとう、トニ・エルドマン】茶目っ気とユーモア溢れる振る舞いの父と、戸惑う娘の絶妙なやり取りに笑う。だが娘の危機的な心と生活バランスやそれを案じる溢れんばかりの父の愛が見えてきた途端、深く揺さぶる熱い人間ドラマへ一変。 #映画
    いいね
  • Der_Manul
    【ありがとう、トニ・エルドマン】派手ではないが、当惑したり気まずくなったりした時の間の取り方が絶妙。完成までに6年かかっただけのことはある。
    いいね