絶妙

を含む「ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書」のつぶやき
「ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書」のポスター/チラシ/フライヤー
観たに追加
観たいに追加
coco映画レビュアー満足度
92%
  • 良い
    154
  • 普通
    11
  • 残念
    1
総ツイート数
6,907
ポジティブ指数93
公開日
2018/3/30
原題
The Post
配給
東宝東和
解説/あらすじ
ベトナム戦争が泥沼化し、アメリカ国民の間に疑問や反戦の気運が高まっていた1971年。国防省がベトナム戦争に関する経過や客観的な分析を記録し、トップシークレットとなっていた文書、通称“ペンタゴン・ペーパーズ”の存在をNYタイムズがスクープ。アメリカ初の女性新聞発行人として足固めをしようとしていたキャサリン・グラハム、そしてその部下である編集主幹ベン・ブラッドリーをはじめとするワシントン・ポスト紙の面々は、報道の自由を統制し記事を差し止めようとする政府と戦うため、ライバル紙であるNYタイムズと、時に争いながら連携し、政府の圧力に屈することなく真実を世に出そうと決断する――。
© Twentieth Century Fox Film Corporation and Storyteller Distribution Co., LLC.
 
  • shibaGari
    『ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書』面白い!!!メリル・ストリープの「緊張してるんだけど頑張ってスピーチしてる」演技の絶妙な声の上ずった感じがハンパない。ラストの斬れ味も最高。だからオープニングで『マックイーンの絶対の危機』のポスターがカットインするわけですね。
    いいね
  • Leo_jagaimo
    ペンタゴン・ペーパーズ メリル・ストリープ大好き。役も女性なら誰もが応援したくなる。報道の自由だけじゃなく、この時代のアメリカの女性蔑視というか、女性が軽視の問題が映されている。そんな中で新聞社の社主つとめる重圧や弱さ、大きな決断への葛藤などを絶妙にあらわした最高の演技だった。
    いいね
  • bluegene00
    ペンタゴン・ペーパーズ、日本では例によって遅れて公開だったけど、ある意味絶妙のタイミングだったと言える…
    いいね
  • lp_eiga
    『ペンタゴン・ペーパーズ』 単に実話をなぞるだけでなく、感情の起伏もしっかり盛り込んで見せるのはもちろんのこと、長めのショットで役者の演技をじっくり見せる点や、ラストの絶妙な落とし方も巧い。スピルバーグの安定感抜群の業を堪能。
    いいね
  • nanamaru_74
    ヴァレリアンからの温度差でやはり風邪ひきそうだったペンタゴンペーパーズ、メリル・ストリープはやはりうめーなあ。正当に評価されない気弱な感じと肝を据えた感じの絶妙さ。強い女性にも色々なタイプがいる。あと、このタイミングでこの主題ってところが、なんともまた…。
    いいね
  • meizuo5
    「ペンタゴンペーパーズ(The Post )」を見る。描きたいことはこれだけ!というまっすぐな作品は大好き。当時の女性の立ち位置、男性社会での生き辛さをメリルストリープが絶妙に演じていてすばらしい。おもしろかった!
    いいね
  • limo121
    ペンタゴンペーパーズの日本での公開タイミングが絶妙だよなぁ
    いいね