絶妙

を含む「ここは退屈迎えに来て」のつぶやき
「ここは退屈迎えに来て」のポスター/チラシ/フライヤー
観たに追加
観たいに追加
coco映画レビュアー満足度
67%
  • 良い
    13
  • 普通
    4
  • 残念
    2
総ツイート数
2,353
ポジティブ指数73
公開日
2018/10/19
配給
KADOKAWA
上映時間
98分
解説/あらすじ
何者かになりたくて東京で就職したものの、10年経って何となく地元に戻った27歳の「私」。実家に住みながらフリーライターとしてタウン誌で記事を書いているけれど、親からはフリーター同然の扱いで、何だか冴えない日々。高校時代に仲の良かった友だちと久々に会った勢いで「とにかく格好良くって、背が高くって、サッカー部のエースで、不良とも適度に仲がいい」憧れの椎名くんに連絡し、みんなで会いに行くことに。道中「私」の中に椎名くんとの高校時代の忘れられない思い出が蘇る――。元彼「椎名」を忘れられない、東京に憧れと怖さを持ちながら地元を出ないまま暮らす「あたし」。椎名がいなくなった途端に彼氏面してくる、椎名の取り巻きの中でも特に冴えない男と、断る方が面倒くさいから適当に遊んでいるけれど、心は彼といたときの青春の輝かしい記憶にいまもとらわれている――。ここではないどこか、東京には「あるはずの」、自らの退屈を埋めてくれる何かを「椎名くん」に追い求めたその先には?
© 2018「ここは退屈迎えに来て」製作委員会
 
  • awajicinema
    『ここは退屈迎えに来て』 とある展開が「勝手にふるえてろ」ととても重なって見えたけど、本作の方が感情移入はとてもしやすかった。そういえば渡辺大知さんどちらにも出てますね。「なんかこういう若者像の人物を置きたい」という需要を絶妙に射抜く立ち位置の役者さんだと思う。
    いいね
  • mintyrin
    「ここは退屈迎えに来て」観てきた。 東京にたいした憧れも抵抗もない東京近郊育ちだけど、自分の記憶に重なる高校時代と絶妙な今の描写に胸がギューッとなった。 そこに寄り添う主題歌の優しさよ…。
    いいね
  • chupa55eigakan
    『ここは退屈迎えに来て』には高校の人気者イケメン男子がいるんだけど、男女問わずに人気者なだけあって、意外と鼻につかなかったんですよ。これってけっこうすごいことなんじゃないかと思いましたね。 絶妙な自然体というか。
    いいね
  • drumrate
    「ここは退屈迎えに来て」時間軸、登場人物軸が交差する原作を見事にサラっと展開させる廣木監督の手腕は見事。長回しを多用したゆったり感と相まって絶妙なテンポを生んでいる。プールのシーンはもうたまらない。後々に残る作品だと思う。
    いいね
  • roiI_10101
    ここは退屈迎えに来て 見ました 椎名が成田凌で成田凌が椎名で他のキャストも絶妙でめっちゃよかった モヤっとした人は原作読んでほしい
    いいね
  • rikuiida
    『ここは退屈迎えに来て』脚本:櫻井智也さん。いいホンでしたーー。原作をこう映画にするのかーという絶妙な感じ。 岸井ゆきのさんとか、亀田侑樹さんとかもよかったなー。片山友希さんすげえよかったなー。
    いいね