絶妙

を含む「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド」のつぶやき
「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド」のポスター/チラシ/フライヤー
観たに追加
観たいに追加
coco映画レビュアー満足度
90%
  • 良い
    134
  • 普通
    17
  • 残念
    0
総ツイート数
2,309
ポジティブ指数90
公開日
2019/8/30
原題
Once Upon a Time in Hollywood
配給
ソニー・ピクチャーズ
解説/あらすじ
クエンティン・タランティーノの9作目の長編監督作となる最新作。1969年のハリウッドを舞台に、実際に起こったチャールズ・マンソンによる女優のシャロン・テート殺害事件を題材に描く。
[ Unknown copyright. Image not used for profit. Informational purposes only. ]
 
  • trustpine
    ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド、観ました。1969年、テレビ俳優とそのスタントマンの友情を通して、当時のハリウッドを緻密に再現し、女優シャロン・テート殺害事件を絶妙な脚本と構成で描いた映画愛に溢れる作品です。マーゴット・ロビー、ジュリア・ バターズがいい。
    いいね
  • tomozo0831
    『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』続き>俳優のそっくりさんぶりも絶妙。もちろんお得意のバイオレンスはあるけれど、まさかタランティーノ映画で気持ちになるとは思わなかった。
    いいね
  • zukin_8
    『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』イングロやジャンゴにあったような映画的に弾ける瞬間が無かったこととクライマックスが初見時不満だったのだけど、2回目観るとちょうどいい塩梅で、これで良いんだと思い直した。何度でも観られる、何度でも浸れる絶妙な配分で構成されている
    いいね