緊迫感

を含む「午後8時の訪問者」のつぶやき
「午後8時の訪問者」のポスター/チラシ/フライヤー
観たに追加
観たいに追加
coco映画レビュアー満足度
75%
  • 良い
    78
  • 普通
    19
  • 残念
    3
総ツイート数
1,832
ポジティブ指数91
公開日
2017/4/8
原題
La fille inconnue
配給
ビターズ・エンド
上映時間
106分
解説/あらすじ
「ロゼッタ」「ある子供」でパルムドールを受賞し、カンヌ国際映画祭の常連として知られるベルギーのジャン=ピエール&リュック・ダルデンヌ兄弟監督作品。ある日の夜、診療受付時間を過ぎた診療所のドアベル...
(C)LES FILMS DU FLEUVE - ARCHIPEL 35 - SAVAGE FILM – FRANCE 2 CINEMA - VOO et Be tv - RTBF (Television belge)
 
  • ojosandesu
    「午後8時の訪問者」を鑑賞。受付終了後の診療所のブザーを無視したら、彼女は翌日身元不明の少女の遺体になってた。罪悪感から少女の身元を独自で探る女医。「サンドラの週末」と同様、主人公を追うカメラワークが緊迫感を煽る。出てくる人みんな罪悪感抱えてる。サスペンス風でオチは酷い話だったな
    いいね
  • megamarsun
    『午後8時の訪問者』試写会にて鑑賞。1シーン1カットの長回し演出が印象的な作品。シーン毎の撮影の設計と演技がめっちゃ自然で、他の映画にない独特の緊迫感があって引込まれる。内容的には日本人には分かりにくい移民問題を肌で感じられるかも。
    いいね