TOP >作品データベース >運び屋 >レビューワード

緊迫感

を含む「運び屋」のつぶやき
「運び屋」のポスター/チラシ/フライヤー
観たに追加
観たいに追加
coco映画レビュアー満足度
93%
  • 良い
    163
  • 普通
    11
  • 残念
    0
総ツイート数
8,140
ポジティブ指数95
公開日
2019/3/8
原題
THE MULE
配給
ワーナー・ブラザース映画
上映時間
116分
解説/あらすじ
アール・ストーンは金もなく、孤独な90歳の男。商売に失敗し、自宅も差し押さえられかけたとき、車の運転さえすればいいという仕事を持ちかけられる。それなら簡単と引き受けたが、それが実はメキシコの麻薬カルテルの「運び屋」だということを彼は知らなかった…。
©2018 VILLAGE ROADSHOW FILMS (BVI) LIMITED, WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC
 
  • mokomoko37
    『運び屋』偏屈ながらどこか憎めない爺さんが起こす緊迫感の連続・・・イーストウッドの言葉一つひとつが心に染み渡る。
    いいね
  • apakaba
    『運び屋』やっと見た。映画らしさがぎっちり詰まった逸品。ロードムービー風な映像とオールドファッションな音楽、緊迫感も情のもつれもそれらの融解もきわめてあっさり。押し付けがましさナシ。軽みの境地。『パーフェクト・ワールド』を思い出す可笑しみはイーストウッドの真骨頂だ。
    いいね
  • motomiumiu
    「運び屋」みました。笑えるし、泣けるし、哀れでもあり、かっこよくもあり、やっぱりよかった!イーストウッドが緊迫感あるシーンで、リップ塗ってるのがよかった。あんなに可愛くリップ塗れる人いるんやぁ。
    いいね
  • tckps_
    「運び屋」なんか混んでた。みんなイーストウッド氏好きだな。 もっと説教臭い話だと思ったけど意外と緊迫感なく。それが重大な犯罪に手を染めているのに違和感であり成功の秘訣だったんだが、不思議な感覚に陥る。そこに至るストーリーは単純だが深い。でもほんとイーストウッド氏無理しないでね。
    いいね
    関連動画

    follow us