緊迫感

を含む「屍人荘の殺人」のつぶやき
「屍人荘の殺人」のポスター/チラシ/フライヤー
観たに追加
観たいに追加
coco映画レビュアー満足度
51%
  • 良い
    34
  • 普通
    17
  • 残念
    12
総ツイート数
1,935
ポジティブ指数83
公開日
2019/12/13
配給
東宝
解説/あらすじ
ミステリー小説オタクの大学生・葉村譲は、強引に入部させられたミステリー愛好会会長の明智恭介に振り回され、学内の些細な事件に首を突っ込んでは、逆に波風を立ててしまう日々を送る。そんな自称【ホームズとワトソン】の前に、同じ大学に通う剣崎比留子が現れる。彼女は警察からも信頼を得ている私立探偵で、葉村たちに音楽フェス研究会の夏合宿への参加を持ち掛ける。“今年の夏合宿で何かが起こる…”比留子に届いた犯行予告に明智は興味津々。なぜ2人に声を掛けたのか、比留子はその理由を明かさないことを交換条件に、彼らとともに合宿地へと向かう。S県の山奥に佇む合宿地の“紫湛荘”は、部OBで金持ちの七宮の持ち物。そこで葉村たちはフェス研メンバーたちと合流し、到着早々バーベキューで盛り上がる。フェス参加は二の次で、部長の進藤によるOBたちへの女性の紹介が本来の目的のこの合宿は昨年、参加者のひとりが合宿後に自殺を遂げていた。にもかかわらず、OBたちは昨年のことなど気にもせず、女性陣を引き連れて意気揚々とフェスへと向かう。しかしフェス会場で彼らは、想像しえなかった事態に遭遇。なんとか紫湛荘に逃げ込み、立て籠もりを余儀なくされるのであった。そんな緊張と混乱の一夜を明かした彼らの前に現れたのは…。
©2019『屍人荘の殺人』製作委員会
 
  • Triumph_march
    映画版「屍人荘の殺人」見ました。 コメディに寄って緊迫感はまるでないが、ミステリ映画として文句のつけようがない出来。明智先輩をはじめとして、役者さんも全員良かったね。山田杏奈はとにかくかわいい。 しかしなぜ永田裕志…w
    いいね
  • kanimegane
    映画「屍人荘の殺人」感想。明智や殺人周りの改変は意図が明確で良かったけど、緊迫感は大分薄れてしまったかな。尺の関係で仕方ない面もあったのでしょうけど。外に○○○、中に殺人鬼という極限の緊張や恐怖が伝わっては来なかった。然し本格ミステリ映画としては十分楽しめました。
    いいね
    関連動画

    follow us