TOP >作品データベース >AKIRA >レビューワード

迫力

を含む「AKIRA」のつぶやき
「AKIRA」のポスター/チラシ/フライヤー
観たに追加
観たいに追加
coco映画レビュアー満足度
93%
  • 良い
    81
  • 普通
    5
  • 残念
    1
総ツイート数
109
ポジティブ指数98
公開日
1988/7/16
配給
東宝
上映時間
124分
解説/あらすじ
1988年、関東地区に新型爆弾が使用され、第3次世界大戦が勃発した――。2019年、ネオ東京。金田をリーダーとするバイクの一団は進入禁止の高速道を疾走していた。しかし、先頭にいた島鉄雄は突然視界に入った奇妙な小男をよけきれずに転倒、負傷する。小男と鉄雄は直ちに現れたアーミーのヘリに収容され飛び去ってしまった。翌日、鉄雄を捜す金田は、少女ケイと出会う。彼女は反政府ゲリラの一員で“アキラ”という存在を追っていた。その頃、鉄雄はアーミーのラボで強力なクスリを連続投与され、不思議な力を覚醒し始めていた…。
[ Unknown copyright. Image not used for profit. Informational purposes only. ]
 
  • TaulNcCar
    『AKIRA』鑑賞。IMAXレーザーGT。映画は初で絵やファッションの80年代の懐かしさと、テロや格差、オリンピック崩壊の恐ろしい現代感。アイデアや表現もこれが先だったのかと発見もあり頭がクラクラ。映像もだが音響サウンドがド迫力。物語が弱いが1本の映画の枠を超えてるからだろうか。
    いいね
    関連動画
    video not found.
    YouTubeのキーワード検索で自動取得していますので、
    関係のない動画が表示されることがあります。
    この映画のレビューワード

    follow us