迫力

を含む「セデック・バレ 第一部 太陽旗」のつぶやき
セデック・バレ 第一部 太陽旗
観たに追加
観たいに追加
coco映画レビュアー満足度
97%
  • 良い
    55
  • 普通
    0
  • 残念
    2
総ツイート数
1,787
ポジティブ指数91
公開日
2013/4/20
原題
Warriors of the Rainbow I : Sun Flag
配給
太秦
上映時間
143分
解説/あらすじ
 
(C)Copyright 2011 Central Motion Picture Corporation & ARS Film Production ALL RIGHTS RESERVED.
 
  • queehco
    【セデック・バレ】セデック族の頭目のひとりモーナ・ルダオの若い頃を演じたダーチンの迫力はすげかったな…。狩った獲物をその場で捌いて血を飲む姿は美しかった。恵みを享受しているんだなあ、と。
    いいね
  • hotelzombie63
    話題の映画 セデック バレ を観る…日本の統治下で起きた 台湾の現住民族 セデック族による坑日事件を描いたものだが 兎に角 戦闘場面の迫力が凄く それぞれの人物の立場も描かれていて 見応えがある!何年かに一度 スクリーンで観るべき作品があるが これこそ劇場で体感するべきだ
    いいね
  • chin_1stLT
    セデック・バレ鑑賞終了 感想などはmixiに書くとしてとりあえず、迫力のある作品でした 4時間半の長さを感じさせない出来です
    いいね
  • ahsuke81392
    “セデック・バレ”は、1930年、日本統治下の台湾で起きた少数民族の叛乱の壮絶な事件の忠実に忠実な映画化で、凄い迫力でだった。一馬さんが言った通り、唯一創作の日本人司令官の最後の「彼等は日本人が100年前に失った武士道を持っていたのかもしれない」という台詞がバランスを取っていた。
    いいね
    関連動画
    video not found.
    YouTubeのキーワード検索で自動取得していますので、
    関係のない動画が表示されることがあります。

    follow us