迫力

を含む「エンド・オブ・ウォッチ」のつぶやき
「エンド・オブ・ウォッチ」のポスター/チラシ/フライヤー
観たに追加
観たいに追加
coco映画レビュアー満足度
99%
  • 良い
    95
  • 普通
    0
  • 残念
    1
総ツイート数
2,152
ポジティブ指数94
公開日
2013/8/17
原題
End of Watch
監督
キャスト
 
解説/あらすじ
ロサンゼルスに位置する“全米で最も危険な場所”と言われる重犯罪多発地区サウス・セントラル。この地区を担当する白人巡査テイラーとメキシコ系巡査ザヴァラは、区内でも屈指の犯罪検挙率を誇る警官コンビ。日課のパトロール中、通報を受けて踏み込んだ一軒屋で、2人は見てはならないメキシコ麻薬カルテルの秘密に触れてしまう。本国の組織からテイラーとザヴァラの密殺指令が出され、ついに2人は待ち伏せしていたメキシカン・ギャングたちに急襲される。嵐のように降り注ぐ銃弾をかいくぐり、2人は決死の反撃を開始するのだが――。
© 2012 SOLE PRODUCTIONS, LLC AND HEDGE FUND FILM PARTNERS, LLC ALL RIGHTS RESERVED
 
  • tomoverine
    「エンド・オブ・ウォッチ」鑑賞。どれだけ危険に満ちた職場でも暗い顔を見せずに燃え尽きるように生きる2人の警官の生き様には胸が熱くなる。ギャングの放つ迫力の凄まじさに圧倒された。銃撃戦もナイス。
    いいね
  • KennyK2052
    エンドオブウォッチやっぱ良かったわ。迫力あったわー
    いいね
  • ajisawakou
    最終日だったので、「エンドオブウォッチ」観てきた。いわゆるREC系で最初しまった!と思ったが、普通のカメラワークも取り混ぜて迫力ある臨場感があったり。
    いいね
  • tonbori
    「エンド・オブ・ウォッチ」モキュメンタリーな導入部やCCDカムやゆれゆれの画面は食傷気味とかいってる人(自分もそうだったが)それは大きな問題じゃない。ようはストーリーと演出とキャストのトリニティが上手くいってれば、そこに映し出されるモノは迫真の迫力を産む。
    いいね
  • boxineman
    『エンド・オブ・ウォッチ』手持ちや胸元、車載カメラを使った「現代的」手法(ギャング側もカメラを持ち、暗視カメラ越しに指令が下される)による臨場感や緊張感。そしてその撮影手法へのこだわりが、クライマックスにカメラ映像が一瞬…、となった後に続く二つのショットに異様な迫力を生む。
    いいね
  • oka_mochiko
    『エンド・オブ・ウォッチ』LA版警視庁密着24時。パトカー搭載のドライブレコーダや警官自身の手持ちカメラによるリアリティある映像をメインにドキュメンタリタッチで進みます。緊張感と迫力はあるんだけど、日々の事件や事故が雑多に書き連ねられていて、前半は割とダルい展開。
    いいね
  • Fio6786
    『エンド・オブ・ウォッチ』感想。ロス市警の日常をリアルに描いたドキュメント調バディムービー。POVが多用され、特に後半の銃撃戦における臨場感と迫力は秀逸。銃弾の突き刺さるような感覚は『ゼロ・ダーク・サーティ』の突入シーンを彷彿とさせた。従来の警察モノと一線を画した作品。 #映画
    いいね
  • HERO_0801
    【エンド・オブ・ウォッチ】 警察24時ならぬロス市警24時。 主人公目線の映像が多く使われてる。迫力や臨場感は凄い。 でもビックリしたのはロサンゼルス(ある一角)が恐ろしい重犯罪地区だということ。海外怖い…
    いいね
  • singkung_164
    ミラノ座で「エンドオブウォッチ」観てきた。L.A.おっかない!!小型カメラ盛り盛りで人の目線からカーチェイスとか銃撃戦が観られてド迫力!主人公ジェイク・ギレンホールだし賢くて可愛い彼女役にアナ・ケンドリックだしホクホクしました。
    いいね