迫力

を含む「1917 命をかけた伝令」のつぶやき
「1917 命をかけた伝令」のポスター/チラシ/フライヤー
観たに追加
観たいに追加
coco映画レビュアー満足度
91%
  • 良い
    181
  • 普通
    16
  • 残念
    0
総ツイート数
246
ポジティブ指数100
公開日
2020/2/14
原題
1917
配給
東宝東和
上映時間
119分
解説/あらすじ
第一次世界大戦の”若きイギリス兵のある1日”を壮大なスケールと深いドラマで、且つリアルタイムで描きだす。若きイギリス兵スコフィールドとブレイクの2人の兵士が危険待ち受ける敵の陣地を抜け、進軍する仲間と兄弟が所属する1600人の友軍兵士たちの命を救うべく、一刻も早く「作戦中止」の重要な伝令するために立ち向かう…。
©2019 Universal Pictures and Storyteller Distribution Co., LLC. All Rights Reserved.
 
  • 7glue_bover8
    『1917 命をかけた伝令』ワンカット風映像で、常に主人公目線で没入感と迫力が凄まじかった。恐ろしくも美しい映像と音楽で、ずっと不穏で緊張感が続く…最後の穏やかな風景と瞳の美しさに、そこが安息の地ではないことを感じて、苦しさが残る。
    いいね
  • dendenbium
    『1917 命をかけた伝令』鑑賞完了です FPSのキャンペーンを映画化したような常に妙な緊張感のあるストーリーでした。 クライマックスの疾走シーンは音楽・視覚共にかなりの大迫力、終わり方も冒頭と重なるようで良かったです
    いいね
  • lonegothdog
    『1917 命をかけた伝令』劇場で鑑賞。命がけの命令を携え、二人の兵士が死屍累々の戦場を往く、圧巻の戦争アクション。シームレスに連なる映像が齎す迫力と緊張感に、ただただ瞠目させられる。幻想的な光景も交えた緩急の呼吸も絶妙。傑作です
    いいね
    関連動画

    follow us