TOP >作品データベース >怒り >レビューワード

駄作

を含む「怒り」のつぶやき
「怒り」のポスター/チラシ/フライヤー
観たに追加
観たいに追加
coco映画レビュアー満足度
84%
  • 良い
    209
  • 普通
    28
  • 残念
    10
総ツイート数
14,760
ポジティブ指数91
公開日
2016/9/17
監督
キャスト
 
解説/あらすじ
八王子で起こった夫婦殺人事件。現場に“怒”の血文字を残し、顔を整形し、全国に逃亡を続ける犯人の行方は知れず。事件から1年後。千葉の漁港で暮らす洋平(渡辺謙)・愛子(宮?あおい)親子の前に現れた田代(松山ケンイチ)。東京の大手企業に勤める優馬(妻夫木聡)が街で偶然出会った直人(綾野剛)。沖縄の女子高生・泉(広瀬すず)が無人島で遭遇した田中(森山未來)。前歴不詳の3人の男の中に、あの殺人犯がいるのか? あなたを信じたい――。そう願う我々に驚愕の結末が突きつけられる。
© 2016「怒り」製作委員会
 
  • 1269301098
    怒り 李相日監督作品って個人的に駄作でも傑作でも見応えというか歯応え手応えに似たズシッとした重さを終了後与えてくれ映画を観た充実感を与えてくれるので好き。
    いいね
  • akssce
    「怒り」これは凄い映画です。。。 「スーサイド」は信じられないくらい駄作でしたけど、世界観は大好き♪
    いいね
  • arnoldiiiii
    『怒り』松ケンが池脇千鶴とやり取りする時、病院で綾野剛の背中が映るあの時、その他・・・こんなこと考えてたろうなと、行間の多い映画であった(まだ反芻してる)。好き嫌いは当然あるし、駄作と思う人がいても不思議はないけど、その解釈は納得いかん、という怒りはある(そういうツイを見たので)
    いいね