TOP >作品データベース >散り椿 >レビューワード

鳥肌

を含む「散り椿」のつぶやき
「散り椿」のポスター/チラシ/フライヤー
観たに追加
観たいに追加
coco映画レビュアー満足度
67%
  • 良い
    39
  • 普通
    16
  • 残念
    5
総ツイート数
4,263
ポジティブ指数89
公開日
2018/9/28
配給
東宝
上映時間
112分
解説/あらすじ
享保15年。藩の不正を訴え出たために時の権力に負け藩を離れた男、瓜生新兵衛。追放後、連れ添い続けた妻の篠が病に倒れ死を迎えようとした折、最期の願いを新兵衛に託す。「藩に戻りて、榊原采女様を助けてほしい」と。新兵衛にとって采女は、かつては良き友であり良きライバルであり、また篠を巡る恋敵でもあった。そして新兵衛の藩追放に関わる、大きな因縁を持つ2人であった。妻の最期の願いを叶えるため、新兵衛は過去の藩の不正事件の真相と、その裏に隠された妻・篠の本当の気持ちを突き止めようと奔走する。篠の妹、坂下里美とその弟・坂下藤吾は、戻ってきた新兵衛に戸惑いながらも、亡くなった篠を一筋に想いやる姿や、侍としての不正を正そうとする凛とした生き方にいつしか惹かれていく。そして、ある確証を得た新兵衛は、かつての親友の采女と対峙する。そこで過去の事件の真相や妻が遺した願いの苦しく切なくも愛に溢れた本当の想いを知ることになっていく――。
Ⓒ2018「散り椿」製作委員会
 
  • Camui_
    「散り椿」鑑賞終了。美しい邦画であった。見所は岡田准一と西島秀俊のワンカットの殺陣シーン、あのシーンは鳥肌が立った。ただし、物語は単調であるため、好みは分かれると思う。どのシーンも美しいが山場といえるところはない。
    いいね
  • benkyounin
    映画「散り椿」観てきました〜 映像はずっと美しくて。後ろに積んである書物の配置にさえ美しさを感じました。 クライマックスの斬り合いが鳥肌もので!血の涙を流した様に見える岡田准一に震えました。 素晴らしい時代劇でした! #散り椿
    いいね
    関連動画

    follow us