TOP >Yossy_HOMME さんのマイページ >ウォッチリスト

Yossy_HOMME

さんのマイページ
Yossy_HOMME
つぶやいた映画
72 本
総ツイート
118 件
マイページ閲覧数
3,557 view
ウォッチしている
8 人
ウォッチされている
3 人
2015年以前の結果も見る

オールタイム映画ランキング

1位
2位
3位

HOME

ウォッチリスト

ブックマーク

スター

× 絞込みを解除する
72 作品
投稿/ブックマークしたポスター画像で絞り込めます
Loading.....
  • 寝ても覚めても
    わたしたちの家
    勝手にふるえてろ
    恋とボルバキア
    ジャスティス・リーグ
    ベイビー・ドライバー
    ハローグッバイ
  • 映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ
    ゴースト・イン・ザ・シェル
    ムーンライト
    風に濡れた女
    永い言い訳
    シン・ゴジラ
    海よりもまだ深く
  • リップヴァンウィンクルの花嫁
    GONIN サーガ
    マッドマックス 怒りのデス・ロード
    海街diary
    あん
    愛の小さな歴史
    インヒアレント・ヴァイス
    もっと映画ポスターを見る
    × 絞込みを解除する
    • mnbspark
      [映画の感想]『マスカレード・ホテル』キムタクってやっぱかっこいいよね。シリーズ化期待 https://t.co/nAoNyqj4Vz https://t.co/Zdb6dCu5S5
      いいね
    • battamon_23
      現状、「我がTLでの『ミスター・ガラス』の評価」は、「IMDbにおける『ショーシャンクの空に』 https://t.co/UcCiP5XfxH 」よりも高い。
      いいね
    • battamon_23
      『ミスター・ガラス』は、国際配給任されてる会社の日本支部が自社製品の宣伝にしか興味ないから、完全にパブからハブられてるよね…。
      いいね
    • battamon_23
      シャマランのキャリアのうち『アンブレイカブル』から『ミスター・ガラス』までの間でいうと、その真ん中辺りの、雇われ大作を連発してた頃は、確かにいろいろ低空飛行で「低迷期」みたいに呼ばれるけど、でもちょうどその頃に『デビル』をプロデュースしてるんですよね。
      いいね
    • battamon_23
      2018年に『インフィニティ・ウォー』が「極め」たと思ったら、翌年に『ミスター・ガラス』も「極め」てしまって、まだ更に『エンドゲーム』も公開を控えているという…。
      いいね
    • yako802
      今週末公開の映画で見たいのは「バハールの涙」「バジュランギおじさんと、小さな迷子」(を新ピカではしごできるかと思いきや後者が160分もあるので私には無理だ)、それから「ライ麦畑の反逆児」「ミスター・ガラス」あたりかな。シャマランの… https://t.co/pAsfMBhEKU
      いいね
    • battamon_23
      仕事で使うファイルの新規名称に「ミスター・ガラス」って書き込みそうになった。
      いいね
    • yako802
      ジャン・ヴィゴ特集見てきたんだけど、「操行ゼロ」の途中ふと、寮で生徒らが寝てるところに偉いさんも一緒で覆い越しに影が、、、というのはそういう環境が一般的なら映画監督は活かすものかもしれないけど、色々あるんだろうか?「サスペリア」にもそういうシーンがあったのを思い出した。
      いいね
    • yako802
      「蜘蛛の巣を払う女」登場時にして「悪人じゃないな」と思わせるキース・スタンフィールドは、「悪人じゃないが古い人」として置かれているように思われた。「忠誠心は立派だが彼女には他に女がいる」なんて言えば女がリスベットを「裏切る」と考えるとかね。でもまあ、彼の良心は「使える」よね。
      いいね
    • yako802
      「蜘蛛の巣を払う女」冒頭の「いつもの仕事」の後にリスベットが爆発映像を見る場面では、彼女の「正している」悪と映像中の悪との間に関係が無いように思われる、、、が実は繋がっている、という話な訳だけど、この描き方がいまいちなんだよね。学者の「なんとなく信じられる気がした」だけじゃ甘い。
      いいね
    • yako802
      最近見た映画だと「バッド・シード」でもそうだったように、男がベルトを外す(という本来なら、そうであってほしい世界でなら何でもない)音や仕草が性的虐待を表すことは多いが、「蜘蛛の巣を払う女」では首元を緩める仕草。道具からしてそれで事足りるのかもしれないけど、却って厭らしく怖かった。
      いいね
    • yako802
      「蜘蛛の巣を払う女」面白く見たけど、お膳立てしてあるようにしか見えないアクションシーン、ださいカットバック、はみだし気味のけれん等を差し引いてもぐっときたのは、、、私は未読の原作の要素によるんじゃないかな。
      いいね
    • yako802
      「マチルド、翼を広げ」の家のソファにうちでも使ってるIKEAのクッション(カバー)があった。庶民的な家ってことだ。いやママが好きそうってことかな。
      いいね
    • yako802
      「マチルド、翼を広げ」暗唱でも合唱でも教師が「こういう感情で」と指示し生徒は言われるままの「豊かな感情表現」をする。普通の人には出来る、マチルドにも出来るが母親にはできない。最後の踊りが彼女なりのそれで、大人になった娘が沿う。詩だって自分達のを作る。あれらの場面も素晴らしかった。
      いいね
    • yako802
      「マチルド、翼を広げ」ヴィアンを暗唱する国語に始まり音楽や理科など授業の場面が多い。マチルドにとって学校にいるとは「家にいない」ということである。やむをえず別の所に行く時にはフクロウ(彼女自身)が「早く帰って!」と叫ぶ。この時の、駅から出て駆けていく彼女を遠くから捉えた画が最高。
      いいね
    • yako802
      「未来を乗り換えた男」しかり今日初めて予告を見た「希望の灯り」しかり、どちらもカウリスマキ映画から違う方向に同じ位の距離のある映画のように思われるから、どちらにも出ているフランツ・ロゴフスキーに余計興味が湧く(笑)
      いいね
    • yako802
      「未来を乗り換えた男」主演のフランツ・ロゴフスキーは目の切れ目(としか言いようがない)がいい、というかクリスティアン・ペッツォルトのその切れ目の撮り方がいい、宿のベッドに横になり開かれる目を中心に据えた画面など素晴らしかった。
      いいね
    • yako802
      はてなに「未来を乗り換えた男」の感想あげた→https://t.co/R5Q3rwG8xr 歓迎されない場所で生き延びる人々の話、ナレーションの使い方も素晴らしく効いていて面白かった、満足。
      いいね
    • yako802
      「マチルド、翼を広げ」のオープニングに、そういやこのお正月はジャン・ヴィゴ特集に行きたかったんだと思い出した。よかった。
      いいね
    • yako802
      「クリード2」には、よく出来た映画を見た時に感じる、主人公の空洞化とでもいうようなものを覚えた(最近これをつくづく感じたのは「帝一の國」ね)
      いいね
      もっと見る Loading...
      Loading.....