TOP >akafundosi さんのマイページ >ウォッチリスト

akafundosi

さんのマイページ
akafundosi
つぶやいた映画
1,687 本
総ツイート
2,099 件
マイページ閲覧数
18,337 view
ウォッチしている
5 人
ウォッチされている
6 人
2018年以前の結果も見る

オールタイム映画ランキング

1位
2位
3位

HOME

ウォッチリスト

ブックマーク

スター

× 絞込みを解除する
1687 作品
投稿/ブックマークしたポスター画像で絞り込めます
Loading.....
  • サヨナラまでの30分
    キャッツ
    mellow
    ペット・セメタリー(2020)
    ラストレター
    ティーンスピリット
    フォードvsフェラーリ
  • カイジ ファイナルゲーム
    パラサイト 半地下の家族
    シライサン
    さよならテレビ
    月夜釜合戦
    男はつらいよ お帰り 寅さん
    スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け
  • ジュマンジ/ネクスト・レベル
    屍人荘の殺人
    カツベン!
    ラスト・クリスマス
    午前0時、キスしに来てよ
    【Netflix映画】『失くした体』
    羊とオオカミの恋と殺人
    もっと映画ポスターを見る
    × 絞込みを解除する
    • TaulNcCar
      『1917 命をかけた伝令』試写会で鑑賞。「凄い!」と何度心で叫んだだろう。どう撮ったのかと考えることを放棄させる神業の撮影技術。そして1カット風映画の枠を遥かに超えてくるドラマの感動。打ちのめされた。映画の歴史が更新されたと感じるような体験だった。
      いいね

      良い
    • ichiwheat
      【ロマンスドール】妻への愛をラブ・ドール作りに昇華させる夫。夫妻が別々の終着へと一緒に手を取り合いながら向かう終盤が熱い。一つ違えば狂人芸術家の業を描く物語になる話を、優しく哀しい夫婦愛の物語にした演出。きたろうやピエール瀧ら登場する周囲の人たちの温もりも良い味わい。 #映画
      いいね

      良い
    • ichiwheat
      【キャッツ】続き) 予告で作品の方向性を理解していたので奇異さや違和感は殆ど感じなかった。ただ、オリジナル通りなのか物語自体に緩い処があるのと、ダイナミックな動きを殺す様な短いカット、折角の映画作品というのにその強みを生かした画的に開放的な場面が少なかったのは残念。 #映画
      いいね

      良い
    • ichiwheat
      【キャッツ】続き) 被り物の利点を残しつつ舞台では表現できない繊細なテクスチャと動きをVFXで味付けした演出にも好感。J.ハドソンの熱唱は勿論、ヴィクトリア役F.ヘイワードの踊りと愛嬌、R.フェアチャイルドの猫メイクもイイ。I.マッケランにも歌う見せ場があり嬉しい。(続く #映画
      いいね

      良い
    • ichiwheat
      【キャッツ】字幕版を鑑賞。自分たちは犬ではなくて猫…人間からの自立さえ心に誓う猫たちが、生まれ変わりたいと願う姿は一体何なのだろう?考えると一寸切ない。ほぼ全編を歌と踊りで満たす、演じ手が個性豊かな役者(人間)であること、そして舞台を強く意識したミュージカル映画。(続く #映画
      いいね

      良い
    • ichiwheat
      【家族を想うとき】フランチャイズ自営業者契約で働く父親と、ゼロ時間契約で働く母親。雇用者から理不尽な形で“搾取”されていく彼ら家族の被る極度の疲労、ストレスと不安を見事に描出。只々胸が詰まる。非正規雇用で回されるギグ・エコノミー社会の問題…一体何が悪いのか考えさせられる。 #映画
      いいね

      良い
    • ichiwheat
      【ほえる犬は噛まない(플란다스의 개)】団地を舞台に、飼ってはいけない筈の犬に纏わる諸事情とそこで生活する者たちの人間ドラマ。ギョッとしたり、大笑いしたり、しんみりしたり…コロコロと転がる展開に完全に魅了された。脚本も映像も素晴らしい吸引力。ペ・ドゥナの表情が初々しい。 #映画
      いいね

      良い
    • TaulNcCar
      『虚空門GATE』鑑賞。一体この映画は何だったのだろう。胡散臭いUFOドキュメンタリーが淡々と進む中、さらに胡散臭い庄司哲郎という人物が中心のまるでドラマに。笑ってしまうがあの開き直り展開をどう受け止めればいいのか。未知のことを信じるのを止めてしまった自分には清々しさえ感じた笑。
      いいね

      普通
    • TaulNcCar
      『幸福路のチー』鑑賞。こういう映画を見ると作り手に一番重要なことは何だろうと考えてしまう。自己の半生からの話しをスタジオまで立ち上げ映画にする監督のソン・シンイン。アニメも話運びもたどたどしいが愛する人や街、悩みがまるで自分のことのように胸に迫る。台湾映画はやはり懐かしい。
      いいね

      良い
    • ichiwheat
      【テリー・ギリアムのドン・キホーテ】映像の世界の強大で不思議な魔力に囚われてしまった者達の悲哀。見る側にとっても現実と虚構の狭間が希薄になっていく幻惑感溢れる演出、カットを割らぬ場面転換、人物の構図、台詞回し…と隅々までT.ギリアム流。J.プライスの嵌り度が半端ない。 #映画
      いいね

      良い
    • ichiwheat
      【無垢なる証人(증인)】発達障害は精神疾患なのか?証人にはなれないのか?法廷劇としては現実離れした展開を見せ驚いたが、ASDの捉え方や描き方に納得がいき好感を抱いた。またスノ弁護士の変わっていく姿が胸に迫る人間ドラマでもあった。少女ジウ役のキム・ヒャンギが素晴らしい演技。 #映画
      いいね

      良い
    • ichiwheat
      【9人の翻訳家 囚われたベストセラー】欲深く非情な出版実業家を追い詰める犯人の作戦に驚くばかりか、その動機にも揺さぶられる見応え充分な着地。良質のミステリーを堪能できて大満足。キュリレンコ、スカマルチョら、各言語に対応した翻訳家の取り合わせ(キャスト勢の共演)も魅力。 #映画
      いいね

      良い
    • ichiwheat
      【フィッシャーマンズ・ソング コーンウォールから愛をこめて】続き) 一寸恋愛要素が入り過ぎな感じもしたが、彼(ダニエル・メイズ)がイケメンじゃないので却って好感。脇のジェームズ・ピュアフォイもH.ジャックマン似で惹く渋さ。実話ベースでも見応えある展開もあって充分楽しめた。 #映画
      いいね

      良い
    • ichiwheat
      【フィッシャーマンズ・ソング コーンウォールから愛をこめて】漁師たちが海で歌う歌だからこそ粗野で無骨な感触に魅力がある。排他的なローカル・コミュニティに余所者が如何に入り溶け込んでいくかを、冴えない音楽マネージャー=ダニーの奮闘に見る。(続く #映画
      いいね

      良い
    • ichiwheat
      【エクストリーム・ジョブ】話運びに少し緩くてダレる処もあったけど、一寸したアクションもあり、笑いネタにもしっかり乗れて楽しめた。ただ、麻薬捜査班5人それぞれの人物像がよく窺えないまま、あの終盤の山場に持ち込むのでは勿体ない。もっと早くから描いて盛っておいて欲しかった。 #映画
      いいね

      良い
    • ichiwheat
      【僕はイエス様が嫌い】田舎の真っ白な雪や泥汚れは少年の心を表現?それにしても思考や行動が余りにも単純。東京育ちの小5ではなくてもっと幼ない子供の設定ならアリかも知れないが。大人達の台詞の熟れなさも引っ掛かった。省略箇所や不自然な描写部分を逆に深読みしようとしたが無理。#映画
      いいね

      残念
    • TaulNcCar
      『ロング・ウェイ・ノース』2019年ベストにも見かけたが確かに素晴らしく劇場で見られて良かった。昔の東映動画を思い出すがやはり独特で大胆な描き分けや色使いで飽きないし何より物語への奉仕に徹し潔い。ブリザードなど迫力もあり映画館向き。特別音響上映で海氷の音も生々しかった。
      いいね

      良い
    • TaulNcCar
      『ロング・ウェイ・ノース 地球のてっぺん』鑑賞。字幕版。少女の最初の表情から終りの顔付きまで瞬きを忘れる程魅入ってしまう。美しい絵や王道の冒険譚といった言葉にはしたくないような独特の表現力と語り伝えたくなる物語だ。このアニメーション作品は一生忘れたくない、そんな思いがした。
      いいね

      良い
    • ichiwheat
      【善き人のためのソナタ】芸術がもつ、人を大きく作り変える力を実感させられた物語だった。怒涛の終盤展開には強く胸を揺さぶられた。ラストもまた余韻を残し素晴らしい。今の時代、言論と表現の統制は過去のものではなく近い将来に再来しそうな予感さえ覚え恐ろしい。紛れもない秀作。 #映画
      いいね

      良い
    • TaulNcCar
      『雄呂血』歌舞伎要素は少なくリアリティ重視。俯瞰の移動撮影や高速カット割りも見もの。台詞やト書きも大きくなったり斜めになったりと表現豊かで、とにかく作り手が熱い。活弁+ピアノ演奏でより生きた映画として楽しめた。なお当初の題は『無頼漢』と解説があり『カツベン!』とバッチリ繋がった。
      いいね

      良い
      もっと見る Loading...
      Loading.....