TOP >ara_shinya さんのマイページ >ウォッチリスト

ara_shinya

さんのマイページ
ara_shinya
つぶやいた映画
803 本
総ツイート
1,185 件
マイページ閲覧数
17,331 view
ウォッチしている
14 人
ウォッチされている
10 人
2016年以前の結果も見る

オールタイム映画ランキング

ara_shinyaさんは、まだ設定していません。

HOME

ウォッチリスト

ブックマーク

スター

× 絞込みを解除する
803 作品
投稿/ブックマークしたポスター画像で絞り込めます
Loading.....
  • ハミングバード・プロジェクト 0.001 秒の男たち
    ホテル・ムンバイ
    ヘルボーイ(2019)
    アド・アストラ
    プライベート・ウォー
    荒野の誓い
    アス
  • ガーンジー島の読書会の秘密
    トールキン 旅のはじまり
    ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド
    ロケットマン
    世界の涯ての鼓動
    ワイルド・スピード/スーパーコンボ
    マーウェン
  • ゴールデン・リバー
    スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム
    新聞記者
    X-MEN:ダーク・フェニックス
    ハウス・ジャック・ビルト
    メン・イン・ブラック:インターナショナル
    海獣の子供
    もっと映画ポスターを見る
    × 絞込みを解除する
    • besi_sake
      『最高の人生の見つけ方(2019)』オリジナル未見だけどリメイクだから外しなしと思ってたら想定外に酷く。両極端なキャラが織りなす意外性の感動がミソかと思うのに仲良くなる過程を吹っ飛ばし単に感動的エピの羅列作りに辟易と。冒頭シーン要らないしラスト映像は特に最悪。出演陣が可愛そう。
      いいね

      残念
    • besi_sake
      『ブルーアワーにぶっ飛ばす』想定内物語だけどズルい作りだしオSE多用がウザいが意味わからない赤フレアは嫌いじゃないw 田舎に帰り両親に会うことへの嫌悪感への迫り方。老いに対する恐怖からの生と死、受け入れられる友達の姿に見る理想は共感。朝食シーンのシムウンギョンには笑い必至。
      いいね

      良い
    • TaulNcCar
      『イエスタデイ』鑑賞。ビートルズ狂の僕にとって彼らを扱う時は大真面目にやるかゼメキスの『抱きしめたい』のように楽しく遊んでほしい。これは後者でベテラン両名が大らかなラブコメにする英断。曲のライトな扱いやシェアという新しさも。でもビートルズ愛は十分で2度のサプライズに涙。
      いいね

      良い
    • TaulNcCar
      『シェルブールの雨傘』もうその色鮮やかな映像と豊かなメロディーの洪水に降参するしかない。ドヌーヴは最初から永遠の映画の美を身に纏っているかのよう。ラストの切なさも含め何もかもが美しい。
      いいね

      良い
    • TaulNcCar
      『昼顔』ブニュエルとドヌーヴの邂逅は禁断のエロスだが高貴な美しさに満ちていた。
      いいね

      良い
    • TaulNcCar
      『真実』大女優主演仏日合作で是枝作品という贅沢がとても身近なホームドラマに。ドヌーヴが樹木希林のように毒を吐き、ビノシュが小林聡美のように仕切り、イーサンが阿部ちゃんみたいに情けない。女優と母娘の話であるのと同時に劇中劇も含め映画と人生、そして真実と嘘を移ろう豊かなドラマだった。
      いいね

      良い
    • TaulNcCar
      『蜜蜂と遠雷』鑑賞。この映画自体が天才芸の集まりのよう。松岡茉優ワールドに魅了され他3人の個性から目が離せない。石川慶の心象表現も失敗を恐れず攻める。その感性と技術で映画がメロディを奏でるかのように揺れ動いていた。その分合わない場面や役者は浮いた感じも。森崎ウィンはやはりいい。
      いいね

      良い
    • koti5300
      『ジョン・ウィック:パラベラム』観賞。最高!!オープニングからずっと高カロリー。アクションの種類も時間も増えた今作、満足度も観賞後の疲弊もスゴい。。
      いいね

      良い
    • besi_sake
      『エンテベ空港の7日間』ストックホルム症候群話かと思ってたら現在と地続きなイスラエル・パレスチナ問題の事実基ものなのにエンタメ度が高すぎ。そこにもう一つエンタメ要素ぶっ込んできてる成否はちょっと判断つかなかったが、そのパフォーマンス自体は良かった。人質死者を調べるとまた深く。
      いいね

      良い
    • koti5300
      『毒戦 BELIEVER』観賞。オリジナルに大量の狂気成分とミステリー要素を加えたリメイク作品。それぞれの行動動機が少し分かりにくく感じたが、それでも十分に楽しめた。
      いいね

      良い
    • besi_sake
      『ホームステイ ボクと僕の100日間』原作とアニメは未見だったが結末に関しては設定から答えは見えてるのでどう料理してくるのかなと。前半はタイの青春模様が甘酸っぱくてキュン死w後半展開、高校生にしては幼すぎな感情と予定調和ではあるけど真っ直ぐな物語は嫌いでなく最後まで楽しく鑑賞。
      いいね

      良い
    • besi_sake
      『毒戦 BELIEVER』オリジナル観たの忘れていて今作鑑賞中に思い出したが結末までは覚えてなかったので最後まで楽しく鑑賞。ただ冒頭のウエットな振りを最後まで活かして欲しかったしチーム長の最後の方の気持ちの動きが今ひとつ見えなかった。犬様の件も後出し的だし。でも良いリメイクだと。
      いいね

      良い
    • TaulNcCar
      『ジョーカー』独立した作品の雰囲気の中、DC本来の設定やスコセッシ×デニーロ風味を使うところがいい匙加減。コミックや映画史と繋がり広がりと深みが加わった。また皮肉に走りすぎて行き場のない作品のように感じたが最後の描写は絶妙だったのでは。じっくり消化も必要だがとても面白かった。
      いいね

      良い
    • TaulNcCar
      『ジョーカー』昔『タクシードライバー』や『時計じかけのオレンジ』を見た時に無邪気にカッコいいと思った自分がいた。でも当時まさに描かれていたような若者は何を思ったのだろうか。そんなことが浮かぶほどあまりに近くに落ちてくる気味の悪い複雑な心境。昔と違い主人公が若くないもの痛々しい。
      いいね

      良い
    • TaulNcCar
      『ジョーカー』DolbyCinema。DCの名を借りた風刺劇で最後まで素晴らしい完成度。ホアキンの演技とその境遇にドップリつかるも、俺の映画だ、今の世の中だ、と叫ぶにははばかるような危険度。悲劇と喜劇、主観と客観、悪事と賞賛の境をふらつくピエロ。久々に映画に狂気をつきつけられた。
      いいね

      良い
    • besi_sake
      『ジョーカー』辛い現実生活の中なんとか生きるよすがにしていた全てに裏切られたらこうなるよねぇという共感と爽快感。だけどホアキン演技が心に刺さるからであってDCのカッコつけ重苦しさ全開ってノーランバットマンには馴染むが、ジャスティス系列とは別物か。DCワールド広がるか散漫なるか。
      いいね

      良い
    • besi_sake
      『ジョン・ウィック:パラベラム』のっけから側にあるもの使用の殺しが素晴らしく愉快w ハルちゃん登場からはお犬様大活躍を楽しみ、からのガラガラペッ!にはしんみりと笑い。最終段のインドネシア組とのホンワカ戦闘がまた楽しく、からの最後はその人とその映画オマージュかwやー楽しかったわーw
      いいね

      良い
    • besi_sake
      『蜜蜂と遠雷』原作未読だけど大分端折ってそうな唐突さは感じたが、アヤを中心に繰り返されるモチーフに物語は見えてくる。天才揃い踏みは些か漫画的だけど、画の力も相まってか素直に音が耳に届き、クラシック音楽を初めて楽しく聴けた気がしたし演奏聴いてるだけで涙が出てきた。良かったです。
      いいね

      良い
    • TaulNcCar
      『地球が静止する日』面白い映像やアイデアもあるがどうも腑に落ちない、結局オリジナルの『地球の静止する日』を見ることになった。
      いいね

      良い
    • TaulNcCar
      『スピード』シンプルだけど面白い。キアヌのシュッとして色のない感じは新時代のスターだと思った。
      いいね

      良い
      もっと見る Loading...
      Loading.....